So-net無料ブログ作成
検索選択

語学教育の歴史のもつ意味①

私が夜間の英語学校に通っていた1980代、先生の大半はアメリカ人でしたが、教科書はほとんど全て英国製でした。

先生方が語ってくれたその理由は、「英国は外国人に英語を教えてきた歴史が米国より遥かに長い**ので、今でも教材が米国のものより非常に優れている」とのことでした。米国も建国以来、常に移民を受け入れてきているはずなので驚きました。

カナダの友人の娘さんが2006年から2年間ほど宮城県の公立学校で英語を教えていましたが、友人は驚いていました。日本の語学教師の基準はどうなっているのか、と。彼女なら優秀な英語教師が務まるとは思うが、カナダ国内では公式に英語を教えられるような資格は一切持っていない、と。

外国人に母国語を教えた経験。言語を教えることの難しさ。これを私たちは十分に体験できないまま、今のような時代に突入してしまいました。[ダッシュ(走り出すさま)]

が、その気になればインターネットで欲しい情報は動画でも手に入る時代でもあります。[グッド(上向き矢印)]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。